大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん大阪平野店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん大阪平野店

街の外壁塗装やさん大阪平野店

〒547-0003

大阪府大阪市平野区加美南5丁目1−14−202号

TEL:0120-4116-37

FAX:06-4303-6172

実績ナンバー1!大阪府で多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-4116-37

[電話受付時間] 9時~19時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁の剥がれに即効対応!DIYで行う応急処置の方法


 自宅の外壁が剥がれてしまい、専門業者に頼む前に自分で何とかしたいと考えている方はいませんか。 費用を抑えつつ、応急処置で外壁の剥がれを一時的にでも解決したい、そう思っている実用主義者の方に、役立つ情報を提供します。 本記事では外壁の剥がれに対する応急処置と剥がれを放置した際に起こるリスクについて解説します。

□DIYで行う外壁剥がれの応急処置

外壁の剥がれは、放置すると深刻な事態に繋がることがあります。 そこで、今回は、DIYでできる外壁剥がれの応急処置方法をご紹介します。 プロの技術を参考に、誰でも簡単にできる方法をステップごとにご説明します。

1: モルタル外壁の小さなひび割れの場合

モルタル外壁に小さなひび割れが発生した場合、まずはそのひび割れをきれいに清掃します。 次に、ひび割れ箇所を水で濡らしたのち、セメントをスプレーなどを使いなじませていきます。 セメントが完全に硬化するまで、触らないように注意してください。 そして最後にはみ出た個所をブラシで落としていきます。

2: シーリング材の補修の場合

シーリング材が劣化して剥がれてしまった場合は、まず古いシーリング材を丁寧に剥がします。 次に、シーリング材を充填する箇所にプライマーを塗布し、接着力を高めます。 その後、新しいシーリング材を充填し、ヘラで均一にならします。 シーリング材が完全に硬化するまで、触らないように注意してください。     

□外壁剥がれを放置するリスク

外壁の剥がれを放置すると、次のようなリスクが考えられます。

1: 内部への水の浸入

外壁の剥がれは、雨水や湿気が侵入しやすくなる原因となります。 内部に水が浸入すると、木材腐朽やシロアリ被害を引き起こす可能性があり、深刻な事態に繋がることがあります。

2: 紫外線による劣化

外壁は、紫外線に常に晒されているため、剥がれがあると、紫外線による劣化が進行しやすくなります。 外壁の劣化は、見た目の悪化だけでなく、建物の耐久性も低下させる要因となります。

3: 室内への被害

外壁の剥がれが酷くなると、雨漏りや外壁材の落下など、室内に被害が及ぶ可能性があります。 最悪の場合、住居の安全性が脅かされることも考えられます。     

□まとめ

DIYで外壁の剥がれの応急処置を行うことで、専門業者に依頼する費用を抑えることができます。 しかし、応急処置はあくまで一時的な対策です。 外壁の剥がれが酷い場合は、当社のような専門業者に相談することをおすすめします。 放置すると、建物全体に悪影響が及ぶ可能性があることを、改めて認識しておきましょう。
大阪市、八尾市、東大阪市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん大阪平野店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~19時まで受付中
phone0120-4116-37
街の外壁塗装やさん大阪平野店へお気軽にお問い合わせください!